旅行・グルメ

バリ島↔︎ギリ島行き方|EKA JAYAスピードボート予約〜乗船レポ!

更新日:

たぬちゃん
どうも、たぬちゃんです。

インドネシア バリ島からさらにボートで2時間弱で行ける楽園!

ギリ島!!!!行ってきました♡
今回はギリ島の中でも1番賑わっているというギリ・トラワンガン島へ!

2019年2月14日 2019年GWの10連休、安く海外旅行へいく方法【航空券編】ではバンコクまで、となっていましたが結局バンコク⇨バリ島⇨ギリ・トラワンガン島まで行きました!)

じゃーーん!!!!!!

ギリ島についてはまた別の記事にてご紹介しますが、

まじで楽園!天国!パラダイス!でした♡

 

初めてのギリ島でしたが、個人手配でEKA JYAYAボートをオンライン予約。

なぜEKA JYAYAボートなのかというと、安かったから!!(笑)

 

予約方法やギリ島へ行くまでの体験談・リアルな感想を紹介していますので、

お役に立てればと思います♡

 

たぬちゃん
私の英語力は高くはありませんが、

決まった文と単語の組み合わせ、少しのリスニング力と

分からないときには何回でも聞く根性だけはあります。(笑)

過去にはひとり旅を数カ国してきたのでやや旅慣れているレベルです。

ギリ島への行き方

ギリ島への行き方は3つあります。

①バリ島からギリ島までスピードボート

⬅︎1番おすすめ!!

②バリ島からギリ島までパブリックボート(公共)

③バリ島から隣のロンボク島まで飛行機、そこからボート

 

たぬちゃん
この記事では、ギリ・トラワンガンまでの行き方を説明しています。

ギリ・メノ、ギリ・アイルへも同じ方法で行けるのでぜひ参考にしてみてください♫(料金は若干変わります。)

 

スピードボート

メリット

・早い

・港までの送迎つき(バリ島内)がほとんど

(ボート会社によってはエリア送迎かホテル送迎か、と違いがあるようなので確認を)

デメリット

・特になし!(笑)

 

スピードボートは、バリ島のパタンバイ港・スランガン港・サヌール港から出航しており、港によって運行しているボート会社や便数に違いがあります。

 

たぬちゃん
大半の人が利用するバリ島東部にある

パタンバイ(Padangbai)港↔︎ギリ島をご紹介!

 

 

パタンバイ港↔︎ギリ・トラワンガン間を運行するボート会社はこんな感じ。

・Bali EKA JAYA(バリ エカジャヤ)

・Bluewater Express(ブルーウォーターエクスプレス)

・Gili Gili Fast Boat(ギリギリファストボート)

・Golden Queen Fast Boat(ゴールデンクイーンファストボート)

・Marlin Fast Boat(マーリンファストボート)

 

パタンバイ港を利用する人が多い理由は??

①乗船時間が短い

②運行しているボートが多い

主にこの2つが人気の理由だと思います!

 

クタやヌサドゥアからパタンバイ港まで車で1時間30分程度。

移動時間はやや長くなりますが、

パタンバイ港からギリ・トラワンガンまでは直行なので、

他の港から乗るより、乗船時間が短くなります(1時間30分程度)

乗船時間が短いということで船酔いのリスクは少なくなりますね♫

 

他の港からの場合

スランガン⇨ギリ・トラワンガンなら2時間〜4時間程度

サヌール⇨ギリ・トラワンガンなら3時間〜5時間程度

 

パブリックボート

メリット

・安い(Rp.160,000〜)

デメリット

・時間がかかる(乗船時間は4時間〜5時間程度)

・バリ島内の送迎がないので、パタンバイ港まで自分で移動必須

・時間通りに出航しない可能性あり

(満員にならないと出発しないとの話も。)

 

と、あまりおすすめできません。

時間に余裕があり、地元の人の生活などローカル感を味わいたい人には良いかも。

 

ロンボク島経由(飛行機⇨ボート)

ロンボク島への飛行機で渡り、そこからボートでギリ島へ行きます。

メリット

・ロンボク島の港からスピードボートで15〜20分と近い

(ローカルボートなら40分程度)

デメリット

・ロンボク島の空港から港まで車で1時間30分くらいかかる

・空港での 一連の手続きが必要(チェックインや国際線なら入国審査など、その他いろいろ)

・お客さんが満員になるまで出発しない

 

料金も、ロンボク島までの航空券+空港から港までの移動費+船代(スピードボートRp.80,000、ローカルボートRp.15,000)

わりとハードル高めな感じです。

と、いうことでスピードボート 一択!ですね。

 

たぬちゃん
その中で、EKA JAYAのスピードボート を利用したのでレポートします!

 

EKA JAYAを使った感想

メリット

①安い

②送迎がエリアごとではなくホテルごと

③船内にエアコンあり(寒いくらい効いています!笑)

 

パタンバイ港↔︎ギリ・トラワンガン往復で他の会社ではひとりRp.1,580,000くらいです。

EKA JAYAは、私が購入したときにはふたり分で驚きのRp. 1,370,000!!!!

(他の日に見てみると他の会社より高いときもあったのでたまたま安かったのかもしれません。)

他の会社のひとり分より安いってどういうこと!?大丈夫!?

と不安でしたが、なーんにも問題ありませんでした!

たぬちゃん
本当にこれ以外にかかるお金はなくて、最初に支払った分だけでした!

 

送迎に関しては、クタやスミニャック、サヌールなどエリアごとの送迎の会社もありますが、

EKA JAYAはホテル送迎なので、ホテルロビーで待っていればOK!

帰りもホテルまでしっかりと送ってもらえます。

 

船内のエアコンもしっかり完備!

寒いくらいではありますが、ないよりは断然マシかな〜と思います。

デメリット

予約・送迎などを含め、旅の行程がすべて英語対応のみ!

個人手配なので、すべて自分でやりとりしなくてはいけません。

ですので、言葉に自信がない方・旅慣れてない方・トラブルに対処できる自信がない方はツアーや予約代行がオススメです!

日本語OKのツアーなら⬇︎

オススメしたいのは、タビナカという海外ツアー予約サイト。


ギリ・トラワンガンまでのスピードボートの代行予約をしてくれます。

<バリ島発>ギリトラワンガン往復フェリー

日本語OKでホテル送迎つきなので、安心感は抜群です!

私たちはバリ島でウブドへ行く時に利用させてもらったんですが、ガイドさんは日本語がすごく上手で、安心して過ごせました😊

EKA JAYAスピードボート予約方法

EKA JAYAボートの予約はオンラインから可能!

ただ、公式サイトからの予約は英語のみです

たぬちゃん
結果から言うと、私でもできたので難しいことはありません。ただ、先ほどもお伝えしたように個人手配なので、不安な方は日本語OKなツアーがおすすめ!

EKA JAYAのホームページへ!

公式サイトっぽいのが2つあるんですが、

どちらも見ると価格が違うので、比較して購入するのが良いと思います!

ちなみに私が購入したときには上の方のサイトから購入した方が安かったです。

下のサイトでは、

こんなプロモーションやってました!

どちらも、同様の手順で予約ができます。

今回は上にあるこちらのサイトでの手順を紹介します!

・出発日

・出発地、目的地(選択できます)

選択した日にちに運行しているボートが表示されます。

希望の時間のところに、人数(大人/子供)を入力

出発時間によって料金が違うこともあるのでチェックを!

(なぜかこの日は超高かった・・・)

1番上に書いてあるのが船のルートです。

PB・・・パタンバイ

GT・・・ギリ・トラワンガン

GA・・・ギリ・アイル

GM・・・ギリ・メノ

BSL・・・バンサル港(ロンボク島)

Title・・・Mr、Msなど

First name・・・名前

Last name・・・苗字

Country・・・国籍

Email、Phone・・・メールアドレス、電話番号

Pick Up area・・・ピックアップエリアと、料金が記載されています

※クタ、スミニャック、サヌールなどはパタンバイ港とホテル間の送迎は無料です。

・乗船者の名前

・決済方法(クレジットカードまたは銀行)

「同意する」にチェックをして予約完了!

予約完了メールを確認

予約内容が記載されたメールが届きます。

Eチケットを印刷するように、と書いてありましたがURLが開けなかったのでメールで問い合わせました。

そしたら、「印刷しなくていいよー」とのこと(笑)

決済に関する確認のメールも届きました。

乗船当日まで

予約のときに、ピックアップエリアはお知らせしていたので、

「当日は6:30から7:00に迎えに行きます」とのこと。

空港近くのクタのホテルに宿泊していたため、お迎え順番が早いようでした。

宿泊するホテルの名前、住所、ルームナンバーを教えてくださいとメールが来ます。

他には、緊急連絡とドライバーさんの名前が書いてありました。

乗船当日

6:30ぴったりにホテルのロビーまでお迎えがきました。

(勝手に遅れると思っていたのでびっくりです。笑)

やはりクタ宿泊の私達は1番初めのお迎えでした。

座席は10席くらい?のバンでした。

EKA JAYAはこの蛍光黄緑?がテーマカラーみたいです!

車内はエアコンが効いていて、快適♫

クタ⇨サヌール⇨パタンバイ港というルートで向かいました。

私達の他には7名ほど乗っており、欧米、ヨーロッパ、アラブ系の人など多国籍。

朝早いためか、みんな眠ってましたね(笑)

 

パタンバイ港の手前で一度止まります。

EKA JAYAのオフィスがあるようで、私達以外は一度降りていきました。

(これから予約手続きをするようでした)

私達はオンラインで予約済みだったので、お先にパタンバイ港まで車で向かいます。

パタンバイ港のところには他のファストボート会社もあり、人がたくさん。

カフェなんかもありました!

さて、EKA JAYAのオフィスで手続きです。

名前と、事前にオンライン予約した際の「Booking Number(予約番号)」を伝えます。(スクショしておくと便利です)

Boarding Pass(乗船券)を受け取ります。

Boarding Pass(乗船券)と一緒にReturn Ticket(帰りのチケット)も。

「帰りの船の時間の1時間前にギリ島のオフィスでチェックインしてね!」とのこと。

帰りにパタンバイ港に着いてから、ホテルまでの送迎サービスの券。

クタに迎えに来てもらいましたが、帰りはスミニャックのホテルに送ってほしかったので一応ここで伝えました!(絶対にこのとき言わないとダメ!ってことではなかったです。どちらにしても、帰りの船を降りたらまた聞かれます。(笑)

 

腕や、胸のところに行き先シールを貼ります。(ボートの中ではこれを見て降りる場所をスタッフが誘導してくれます)

 

荷物には行き先が書いてあるタグを。

 

オフィスではトイレを貸してもらえるので、時間があれば行っておくのが良いです♫

港まで2分くらい歩きます。

お店や他のボート会社の前を通って、

パタンバイ港!!!

港にはすでに、EKA JAYAのボートが!

EKA JAYAカラーの船と、おっちゃん!!

 

スーツケースを持ってる人は、ここで荷物を預かってくれます。

私達はバックパックだったので「自分で持っていけ!」って感じでした。笑

 

乗り口でBoarding Passを渡します。

9:00の予定から20分遅れて、出航!

船内の様子

結構人が多くて、相席?状態です。

進行方向に向かって左側は、島がよく見えて、右側はひたすら海!な風景でした。

 

前のモニターでは緊急時の説明があり、それからは英語字幕の映画が流れます。

(エンジン音がすごいので音声は聞こえません。笑)

 

身長153センチの私でも結構狭い。

180センチの夫は前の席にぶつかってました。笑

まあ2時間なのでガマンガマン。

ちなみに船上デッキもあります!

人が多かったので私達は中で過ごしてましたが、海風が気持ちよさそうでした♩

船内にはトイレが2つ。

綺麗ではないけど使えないことはありません。

(私は空気イスのようにして使いました。)

便器には水が流れっぱなしですが、洗面所は水が出なかったので、ウエットティッシュ必須です。

 

出航後は、船内販売があります。

ビンタンビールやプリングルス、コーラや水など。

どれも少しお高めなので、先に買っておくのがおススメです!

 

船の乗り心地はというと、、、

乗り物酔いしない私は余裕!!

ですが、波が高いのか結構揺れます。

乗り物酔いする人は酔い止め必須です。


水なしでさっと飲めるし、酔ってから飲んでもOKです👍

 

それから船内のエアコンは寒いくらいなので、長袖も持っておきましょう。

2時間でパタンバイ港からギリ・トラワンガン島へ直行で到着です!

 

船の出口を出たら、こんな感じで結構怖い。(笑)

船から出てもう横は海まっさかさま!なこのほっそい廊下を通って、

砂浜までのスケスケはしごを通って上陸です!

たぬちゃん
海、めちゃくちゃ綺麗!!!

 

荷物を預けている人は船上デッキからの荷物リレーが行われて、荷物がやってきます。

いくつか海に落下しているのも見ましたので(笑)、大切なものは預けずに手元に置いておきましょう。

もしくは、バリのホテルにメイン荷物は預けてギリ島宿泊日数分だけ持ってくるのがおすすめ。

砂浜から船に乗ったり、道も砂埃がすごいのでバックパックがおすすめです♩



⬆︎私が使っているのはこれです(今回の10日間の旅行はこれで行きました)

まとめ

バリ島パタンバイ港からギリ島への行き方はイメージできたでしょうか??

予約とピックアップ(お迎え)さえうまくいけば、難しいことはありません。
予約は難しい英語でなくても大丈夫なので、ひとつずつ確認しながらやってみてくださいね😉
ただし、個人手配が不安な方はツアーが安心&楽チンでおすすめです。
<バリ島発>ギリトラワンガン往復フェリー
それにしても、少しのめんどうさもぶっ飛ぶくらい、ギリ島は最高でした!!!!

ギリ島からバリ島パタンバイ港への帰りのことについてもまとめていますので、参考にしてくださいね♫

バリ島↔︎ギリ島行き方|帰りのEKA JAYAボート注意点!

たぬちゃんどうも、たぬちゃんです。   バリ島↔︎ギリ島行き方|EKA JAYAスピードボート予約〜乗船レポ!では、バリ島からギリ島へ行くときについてお話ししました。 この記事 ...

続きを見る

スポンサーリンク

-旅行・グルメ

Copyright© 理学療法士たぬちゃんのブログ , 2019 All Rights Reserved.